看護師の業務内容

看護師という仕事

看護師という職業は日本の医療を支える非常に価値ある職業です。

日本においては古くから「白衣の天使」と形容されることもあり、病気や怪我などで日常生活を送れなくなった人にとって、社会復帰を手伝ってくれるまさに「天使」と形容するにふさわしい存在でしょう。 ですが現実として、看護師として働いていくにはさまざまな障害が存在しています。昼夜問わず患者に対応しなくてはならないという苛酷な労働環境や、「白衣の天使」という美しい言葉とはかけ離れたケアの内容など、 看護師として働いていくことに限界を感じて職を辞するという人も少なくありません。そうした状態は長く続き、昨今になって急激に「看護師不足」が叫ばれるようになりました。

また「老後の病気について解説したサイト」でも述べられている通り、日本は高齢化社会を迎え、看護師の需要は増え続ける一方です。 看護師不足は今後もずっと問題となっていくことと懸念されます。一つの職業を続けるということは容易なことではなく、理想と現実とのギャップを乗り越え、日々の仕事に楽しさを見出していかなくてはなりません。 では看護師という職場で長く働き続けている人は、どのような場所に楽しさを見出しているのでしょうか。

看護師という職場で長く働き続けている人は「看護を通じて患者やその家族と触れ合い、快復したときに達成感を感じられる」ということを仕事の中で感じる「楽しさ」として最もよくあげています。 看護師は怪我や病気によって入院せざるをえなくなった患者にとって、最も身近に感じることのできる存在です。入院生活の中で感じる不自由や不満などは看護師に対して伝えるほかなく、 看護師もそうしたことを伝えられた場合には誠心誠意を持って対応していくというのが原則となっています。

もちろんこれは簡単なことではなく、そこには様々な障害が付きまといます。ですがそうした障害を乗り越え、入院患者をしっかりと快復させて退院させたという暁には、 他の職業では得られないほどの感謝と達成感に包まれるのです。また楽しさの一つとして「生きる意味を考えることができる」ということも挙げられます。 現実として、病院に入院しているすべての患者が元気に退院できるとは限りません。中には八方手を尽くした結果、命を救えなかったという悲しい結末を迎えるということもありえます。 自身が昨日まで話していた患者がある日突然にいなくなるということもありえる環境であるからこそ、日々生きることの意味に触れることができるのです。

この「生きる意味を考える」ということに関しては、病院などをはじめとする「命」を扱う職業でなくてはなかなか体験することのできないものです。 こうしたポイントに楽しさを見出せる人であれば、看護師を続けていくことも不可能ではなくなるでしょう。