看護師の業務内容

看護師の業務内容


デイケアでの仕事

看護師という仕事は病院を初めとした医療施設に従事し、医師や患者から求められる様々な業務に対して対処をしていく仕事です。 この職業は社会的な必要性が非常に高く、特に日本という国においては今後の少子高齢化社会において必要性が寄り高まっていくものであると考えられています。 そして高齢者が増加した社会において特に必要性が高まることとなる看護師の職場が「デイケア」という現場です。

デイケア

デイケア、つまり通所リハビリテーションと呼ばれる施設は、普段家庭で療養を行っている要介護者や要支援認定者に通所をしてもらうことによって、 バイタルチェックを中心とした健康チェック、入浴、食事、リハビリといったような生活に必要な様々なサービスを提供するという施設です。 またこうした必要なサービスのほかにもレクリエーションなどを提供することによって、孤立しがちな高齢者の社会的つながりを強め、より生きる意欲を増進させるという作用もあります。

デイケアの仕事が正常に行われている状態であれば家族の介護負担は大きく減少し、介護をしやすくなるということになります。 現代では高齢者が増えているにもかかわらず高齢者へのサポートが十分に整っておらず、老人が老人を介護する「老老介護」と呼ばれるような問題や、 日々の介護に限界を感じて心身を病むという「介護疲れ」などの諸問題が発生しています。

こういった社会背景からデイケアでの看護師の仕事の需要は増え続けることが予想されます。ではデイケアの現場に従事する看護師の仕事とはどういったものなのかというと、 主にこれは「健康チェック」ということになります。

通常の介護であれば介護職員が担当し、リハビリテーションに関しては理学療法士や作業療法士といったような有資格者が担当することができます。 ですが健康チェックなどをしっかりと行っていくということに関しては、適切な健康に関する知識が無くてはなりません。また高齢者は体力の衰えなどにより体調を崩しやすくなっています。 小さな体調の崩れによって大きな体調の崩れが引き起こされるというケースも少なくなく、そうした状況にお手は適切な知識を持つ看護師の体調チェックの必要性が非常に高くなるのです。

少子高齢化が進む社会において、高齢者に対する介護の現場を増やすということは必ず必要となることです。そうした必要性に応じるためにデイケアの職場を選択するという看護師も少なからず存在しており、 その必要性は今後にわたって上昇し続けていくといえるでしょう。そうした状況において看護師不足などは改善が急務となる問題ですので、日本はそうした諸問題の発生を素早く察知し、 対処していかなくてはならないのです。