看護師の業務内容

看護師の職場環境


看護師の職場環境

看護師という仕事は一般的に過酷な業務に分類されています。病院の中では優雅にふるまっているように見えることもありますが、力仕事や汚れ仕事が多く、大変な仕事であるというのが一般的です。

ナースステーション

看護師の職場にはいくつかの種類があります。その9割以上は医療機関ですが、医療機関でも24時間対応が必要な入院施設のある病院と、ベッドの無いクリニックでは職場環境が違います。 一般に勤務条件が過酷なのは入院施設のある病院です。このような職場では大勢の看護師を確保して入院患者の安全を確保しなければなりません。

看護師というのは現実的な問題として職場を選ぶことが出来る立場にあると考えられています。そのため過酷な環境の病院では看護師の働き手がいなくなり、医療継続が不可能になります。 そのため職場環境を改善していこうという活動は常に継続しています。しかし夜勤のある病院という職場環境は女性の多い看護師には大きな負担がかかるものです。 子供を産んで育てる過程で夜勤を継続するというのは現実的に無理なのです。そのため病院に勤める看護師は若い世代が中心となり、管理職となる看護師はほんの一部しか残りません。 そのため病院は自分で自分の病院で働く看護師を養成しなくてはならなくなってきているのです。

一方で入院設備の無い夜勤の無い職場では比較的安い賃金での仕事があります。クリニックと呼ばれる地域の小さな医療機関では日中だけの勤務が可能な職場環境があります。 このような職場で安定的に働くことはそれほど難しいものではありません。給与待遇面では夜勤を行う病院の看護師には及びませんが、生活のリズムを崩さずに働くことが出来るので家庭生活との両立が可能になっています。 また近年では開業医の数が増えていることもあり、求人も安定して存在しているので恵まれた環境にあると言えます。これらの病院とクリニックでおよそ9割以上を占めます。

それ以外の職場は本当に職場次第で職場環境が異なります。最近では一般企業からの求人もありますので、その様な職場の場合は一般的な事務員と同じような勤務体系になるでしょう。 あるいは保健所の様な公的機関に勤める場合も同様です。医療機関に類似する職場ではありますが、かかる負担は大きく違うのが現実です。その他に旅行の添乗看護師などの仕事もありますが、 これらは好きでやる仕事であるという側面がありますので職場環境について問題になることはないでしょう。

Category