看護師の業務内容

看護師の業務内容


熱中症への理解

近頃急に暑くなり熱中症により搬送されるニュースをテレビで見かけるようになり、 熱中症患者は環境や社会の変化などの影響で近年増加している傾向です。近所や自分のみのまわりで熱中症患者に遭遇した場合、看護師として正しい知識を活かした行動をとれるでしょうか。 看護師である以上、 勤務外でも熱中症で苦しんでいる患者がいたら手助けができるように医学的知識をもう一度確認しましょう。

熱中症は、強い日差しの下で体が暑さに慣れない梅雨明けごろに増加します。また、屋外だけでなく高温多湿の室内でもみられます。 高齢者は自分で熱中症状に陥っている事に気が付かないこともあります。さらに、症状が深刻な場合は直ちに処置を行わないと生命の危機に関わるほど危険です。 それでは、熱中症について具体的にご説明していきます。

救急車

熱中症に種類には、熱失神や熱けいれん、熱疲労や熱射病があります。
熱失神とは皮膚の血管が拡張し、血圧が低下し、めまいや顔面蒼白、一時的な失神を起こします。 この時、脈が速くて弱いことが特徴ですので一般の人にとっては脈を測ることに慣れておらず気が付きませんが、看護師としてまず脈を気にするようにしましょう。

次に熱疲労は、汗を大量にかいた結果、体内の水分が追いついていない脱水症状が特徴です。集中力の低下や頭痛、倦怠感、吐き気の症状が出る人もいます。 以上の熱失神と熱疲労に対する応急処置は、ただちに涼しい場所に移動をさせてから衣服をゆるめます。また、水分を十分に補給させれば回復する場合が多いです。 さらに、手足のマッサージをしたり足を高くしてあげるとさらに効果的です。

次に、熱けいれんとは大量に汗をかき、水分補給のために水だけだった場合体内のナトリウム濃度が低下し足や腕、お腹の筋肉がけいれんを起こします。 よく運動中に足がつったりしている場合は体内のナトリウム濃度が低下している可能性があります。応急処置は、生理食塩水を補給すれば回復します。

最後に、熱射病です。体温が上昇し意識障害を引き起こします。深刻な場合は、ショック症状を引き起こすこともあるので大変危険です。 言動が不自然であったり体温が高いこと呼びかけに対する反応が鈍い時は直ちに応急処置を行います。熱射病は命に関わるので救急病院に搬送します。 現場では、体をいかに冷やすかが重要になるので、水をかけたり、氷で首やわきの下など血管が太いところを冷やと効果的です。

これら熱中症の知識を看護師として正しく理解をしていたらこれからの夏のシーズンどこかで遭遇するかもしれないので、確認しておくといいでしょう。