看護師の業務内容

看護師の実態


看護師の有給について

看護師の有給についてですが、シフトなどを組んで希望を聞きながら取る休みなら病院側としての対応もすぐに取れるのでしょうが、病気などでの有給となると他の看護師にも負担がかかってしまい、 勤務体制に多少なり無理が生じて来る恐れがあります。看護師の実際の勤務状況を話すと、どうしても過酷な労働環境を強いられている所が多く、 交代制を組んでいる大きな病院であればある程度は対処出来るのでしょうが小さな町の病院などで行けばその負担が他の看護師に行く恐れはあります。

有給などは従業員の特権であるので、勿論看護師にもその資格はあります。しかし何処の企業でも有給休暇を申請しても快く受けさせてくれる企業は大手企業以外で考えると厳しいものがあります。 当然他の従業員に負担がかかる事が一番気になる所であり、問題点ともなります。有給が私用での物なら尚の事で、全体で取られると職場がまわらない状況にも陥ります。 看護師の仕事で言えば、一人の看護師に負担を掛けてしまえば、医療ミスにも繋がる恐れがあります。これは病院全体の責任ともなりとても重要な事になります。

やはりこの様な重大ミスを防ぐ為には、しっかりとした勤務体系を取る必要があります。余力の無い勤務スケジュールでの人員の振り分けをしていると、 有給などで突発的に休みを取る人が出るとやはり対応に苦しむ危険性があります。そうならない為には、しっかりとした勤務体系を取り、ゆとりの有る人員の配置を考える必要があります。 看護師の数もしっかりと病院側が雇い入れていれば余裕のある人員の勤務体系が取れますが、現実問題で言えばやはり余裕など無くその場で、誰かの有給でのカバーを誰かが行っていると行った所が本音の様です。 目標としては、そう言った労働環境を目指している所が多いのでしょうが、実態とは多少異なる部分も多そうです。

有給を気軽に取れる職場と言うものはとても良い職場となり、有給残数などを見ながらしっかりと使わせる企業はとても素晴らしい企業だと言えます。しかし現実的に考えても無理な会社ばかりで、 有給消化に協力する様な企業はほとんどありません。中小企業などで考えると特に難しく、しっかりとした人員の確保が出来ていない所も多いのでは無いでしょうか。 病院でも同じ事が言えて、小さい病院では看護師を沢山抱えているわけではないので有給などを使われると他の看護師などに仕事の負担がかかる事は間違いない様です。

Category